Home > 外科で取り扱う症状

外科で取り扱う症状

近年の日本女性に増加しつつある乳がんの検診や、胸に出来ているしこりを調べる場合などは、婦人科にかかるものではなく、外科で取り扱う症状や範囲となります。初めて検査を受けられる場合には、どちらの科を受診したら良いのかを迷う方も多いものです。

乳がん検診の場合には、マンモグラフィという検査を行うのが一般的で、小さなしこりを発見できる力も期待できる検査方法でもあります。何も胸に違和感が無い場合には、エコー検査だけで済ませる事も出来ますが、出来るならば両方兼ねて検査する事で万全でもあります。

外科で受診された段階で、しこりを確認しているような場合には、マンモグラフィなどの検査の他、しこりに注射針を挿入して細胞を摂取し、がんセンターにて細胞の検査が行われます。

がんセンターの検査結果によって、ガン細胞や良性の乳腺腫である場合にも外科的手術を必要とする場合も有ります。いずれの場合にも、早期発見により大事に至らずに済みますので、年に一度は外科で検査を受ける事が大切です。